デリバリーに注目!利益が伸びる飲食店になる方法とは

デリバリーとは

IT機器の普及による影響もあり、カタカナ表示のビジネス用語を使う機会が増えました。
また、そのような表現を使う機会は、日常生活にも及んでいます。
そのため、相手の話に合わせながらも、言葉の意味が理解できないことも少なくないでしょう。

「デリバリー」という表現も例外ではありません。
こちらの言葉は、さまざまな分野で使われていますが、漠然としたイメージが大きいかもしれませんね。
まずは、デリバリーの意味について確認しておきましょう。

デリバリーとは「宅配」のことです。
しかし、「出前」と表現したほうが親しみやすいかもしれません。
なお、デリバリーに似たサービスに「ケータリング」があります。
こちらは、パーティー会場などに出向いて料理を振る舞うだけでなく、会場設営などにも関わるサービスを意味することが多いようです。

どのようなニーズがあるの

デリバリーの言葉だけでは、どのようなサービスなのか、わかりにくい人もいますよね。
しかし、「宅配」や「出前」の表現を使うことで、サービス内容が具体的にイメージしやすくなります。

麺類やお寿司などを注文すると、自宅や指定先に配達してもらえます。
そのため、食事をつくらないときに利用することもありますが、親戚などの集まりに予約するケースが多いのではないでしょうか。
このような背景もあり、デリバリーは「特別な日のごちそう」なのかもしれませんね。

しかし、現在では、高齢者向けの献立をはじめ、減塩やアレルギー対応のお惣菜など、お客様にニーズに合わせたサービスが増えました。
また、電子レンジで温めるだけで食べられる料理、下ごしらえ済の食材セットなど、忙しい人向けのサービスにも需要が高まっています。


▲ TOPへ戻る