メリットを具体的に把握しよう

お店側のメリットを知ろう

飲食店を経営している人が、あえてデリバリーを導入するためには、デリバリーならではのメリットを知ることが大切です。
そうすることで、やるべきことが明確になり、利益アップにもつながってきます。

デリバリーを導入する大きなメリットは、大量注文に対応可能なことです。
十分なスペースがないお店はもとより、お客様が多い時間帯などには、席の確保が難しくなります。

しかし、デリバリーを導入すると、そのような心配をしなくても済みます。
もちろん、料理や食材を確実に届けるためには、早めの予約が不可欠なのはいうまでもありません。

また、宅配業者を利用することで全国対応が可能です。
そのため、地元以外のお客様が増えることも大きなメリットです。
デリバリーが縁になって、お店を訪れるお客様が出てくるかもしれませんね。

お客様のメリットも大事

飲食店に限らず、事業で利益を上げるためには、お客様抜きでは考えられません。
また、1人ひとりのお客様を大切にすることで、安定経営にもつながるのではないでしょうか。

デリバリーを利用するお客様の大きなメリットは、お店まで行かなくてもよいことです。
特に、お店が遠方にある場合、お店までの往復だけでも大変です。
交通費が掛かることはもちろん、家族揃っての移動で疲れることも少なくありません。
また、お店まで行っても、お目当てのメニューが売り切れの場合もでてくるでしょう。

しかし、デリバリーを利用することで、このような課題をクリアできます。
自宅で注文できるため、品切れの場合でも、お店(サイトなど)を訪れる手間暇を最小限に抑えられます。
ほかにも、いろいろなメリットがあります。
お客様のメリットを知るには、お客様の視点で考えることが大切です。


▲ TOPへ戻る