導入するためのポイントは

サービス内容を決める

一昔前のデリバリーは、ラーメンや蕎麦などの麺類、お寿司やオードブルなど、すぐに食べられる料理が主流でした。
「出前」のイメージからも、そのような料理を思い浮かべる人も多いですよね。

しかし、いまでは、下ごしらえを済ませた食材セットなどにも人気があります。
料理を取り寄せるだけでなく、料理づくりも楽しめるのです。
このような背景もあり、どのようなサービスを導入するかが大きなポイントになります。

また、お店と同じメニューをデリバリーで展開するか、まったく別のメニューをつくるのかによって、お店の体制も変わってきます。
食材をいかに有効活用するのかも、見逃せない課題ではないでしょうか。

デリバリーの導入に際しては、スタッフの増員が必要な場合も少なくありません。
そのためにも、サービス内容をきちんと決めることから始めましょう。

お客様の関心を引くための工夫も

デリバリーの導入で利益を上げるためには、お客様からの注文が不可欠です。
少しでも多くの注文をもらうには、お店の存在をアピールすることや、デリバリーの導入を広告することを考えましょう。

新聞の折込みチラシやポスティングなど、地道な作業も大切ですよね。
また、お店のサイト内にデリバリーサービスを紹介する方法もあります。
そうすることで、より多くのお客様とのつながりが期待されます。

そのうえで、デリバリーポータルサイトの利用も検討しましょう。
こちらには、お目当てのお店を探せる点に大きなメリットがあり、その便利さから有効活用するお客様も増えています。
ポータルサイトに登録するときは、ポイントが貯められる、クーポンがあるなど、お客様がお得感を味わえることを重視しましょう。


▲ TOPへ戻る